HOME > 闘病記 > 手元供養

 

手元供養

手元供養とは、手元に遺骨を分骨して置いたりするためのものです。

それはペンダントタイプ、ミニ骨壷タイプ、ぬいぐるみタイプなどあって
常に一緒にいることができます。

手元供養で検索すると沢山でてきますから
検索してみてください。

年々デザイン性がいいものが出てきてます。


ここで注意したいのが、
納骨する前に用意しなくてはならないということです。

そして分骨後、数年が経って気持ちの整理がついた後
お墓に戻すのはちょっと難しいかもしれません。
ペンダントタイプですと接着剤で入り口を固定します。
また、お墓をまた開けるということにもなります。

よく考えて決めてくださいね。

私は「分骨をすると生まれ変わるときに、その部分が悪く生まれてくる」と聞いて分骨しませんでした。
今考えれば迷信なんですけどね、残念です。