HOME > 闘病記 > 9月7日(水)

 

闘病19日目

2005/9/7
 
ムクミはあるものの今日も頑張ってます
心拍数 125 121 122
血圧 85-52 85-51 88-54
体温 35.9 35.9 36.2
脳圧 9.60 - -
状態 相変わらず 安定しているようだが顔色が良くない リップを塗ると唇の色が良くなった
  今日の質問
尿量でどういうことがわかるのか?
今は1日3リットル位の尿が出ています。あまり出ないのも良くないが、出すぎも良くない。
今は点滴で入れた分だけ尿が出ていいる。入れた分より少なく出るのは良くない。
  先生のお話
検査を依頼していた大学から(先天性代謝異常の検査)もう一度調べさせて欲しいとの連絡が入りましたので、サンプルを送りました。 安定してきた血液でもう一度調べたいとの事でした。 血圧の方は低く不安定です。向きを変えるたびに上が70台になります。が、それ以外は安定しているようです。 貧血の方は定期的に輸血をしないといけないようです。 血液中の成分はだいぶ良くなってきており、これは我々を驚かせるものがあります。 しかし、脳波の検査ではやはり波はなく、残念な結果となりました。

赤ちゃんの脳は1歳過ぎまで大人のように作られていくそうだ。

初めのうちは『これから作られる脳もあるから、一部死んでも他で補えるかも』
と言われていたが、もうそれも過去の話。
今はCTすらとっていない。一体ハルの脳は何色になったんだろう。
このまま進むと脳は液体化するそうだ。

ハルの顔が日増しにむくんで行き、顔色が悪くて面会に行くのがまた怖くなってきた。
大人の場合脳死ってどうするんだっけ・・・

赤ちゃんは脳死の基準がないから、嫌でも最後まで見届けなければならないんだよね、きっと。

そういうサイトをみていると、とっても絶えられないような症例もあった。

誰かが言ってた。
『お爺さんが脳死って言われたんだけど、
点滴とかの治療をすると顔がオバケの様にムクむ人がいるから点滴をしてもらうのを止めたのよ』

赤ちゃんもそうできるんだろうか?
でも、点滴って前に先生が言ってた『栄養』の事かな。


見られないほど顔が変わるのは嫌だ。
死んでしまうのも嫌だ。





普通に生活できるってホント幸せな事なんですよ。

→ 次の日