輝くんの闘病記

輝くんの闘病記 5日目

天気:晴れ

少し顔がむくんで見えるけど、体はひとまわり小さくなったような気がする。
パパは足が細くなったと言ってる。
そうだよね、もう3日もおっぱい飲んでないもんね。
ママはいつ輝が目覚めてもいいように、おっぱい止まらないように毎日搾乳しているから大丈夫だよ。

今日からパパはお仕事。
少しも離れたくないと思うけど、輝もがんばって待ってるよ。

今日は状態が安定しているので着替えと体ふきをするって。
痩せたような気もするが、まだまだ元気な体。
着替えの時、体を支えて輝の重さを実感した。
抱きしめることはできなくても、輝の存在を確認できる嬉しい時間だ。
明日も状態が良ければ体ふきできるかな。

夜、血圧が150を越えることもあり昇圧剤を少し減らした。
自力で血圧を安定させられればな。

9月1日に輝を連れて会社に行く約束、してたっけ。
公衆電話から会社に電話をした。
「こっちは気にしないで、今は輝君のことだけ考えて…」
ああ、みんないい人だ。
いい人すぎて、また涙が出てきたよ。

→ 次の日