赤ちゃん闘病記

赤ちゃんの闘病生活/32日目

体温が低くて心配

【先生のお話】
今日で一ヶ月経ちました。良くここまでもっているなと言うのが正直な話です。
しかしあと1ヶ月もつかと言うと、それは難しいと思います。
足の付け根に刺している点滴のラインももう限界で、他のところに刺すと言うのもムクみ等あるので難しいと言うのが本心です。動脈に入れていた針も限界で、一度抜きました。
東病棟だと24時間体制なので、常に一緒にいることができます。
しかしICUの様に常に看護婦が見ているというわけではありません。
どちらを希望しますか?

先生、先が短いし新しくラインを確保するのも難しいと言っているのに東病棟?
なんだか先が短いから追いやられている気がする

東病棟とは個室で24時間いつでも面会できる
しかし、看護婦はナースステーションにいる
ハルの顔色などはわからない
人工呼吸器に水が溜まってもわからない
ウンチをしてもわからない
点滴がなくなるとハルには致命傷だ

考えてる事もメチャクチャだし、うまく考えられない

口では面会時間をできるだけ増やす為って言ってるけど、
これから病院が混んでくる時期だから先がある人にこの場所を譲れと言われている気がした


じゃ、24時間付き添えば?と思うだろうけどそれも難しい

お兄ちゃんだ
私はダイゴの母でもある

ハルももちろん大事で、一緒にいれる時間はもう限られているのもわかる
でも、あの日のダイゴをもう見るのはつらい
でも、できるだけハルと一緒にいたい!
看護婦さんは東病棟にはいない
ダイゴはこの一件で保育所に行くのも嫌がる
会社に行くだけでも嫌だと泣く
でも生活していかなくちゃ・・・
でも、ハルといれる時間は限られてくる

前を向こうと決心してもまた下を向いてしまう
どうすればいいんだろう・・・

昼間は東病棟で夜はICUってやっぱり難しいかな・・・

→ 次の日