赤ちゃん闘病記

赤ちゃんの闘病生活/22日目

看護婦さんにポーズを
してもらいました

先生のお話より。
血液のバランスがまた悪くなってきており、栄養の点滴はまだ出来る状態ではありません。
貧血もまた進んだので輸血をしました。
後どのくらいかは正しくは伝えられませんが、悪くすると1週間かもしれません。
その前には心拍数が低くなってきたり、何かしらの前兆はあると思いますが、急変も考えられます。

長くて1年くらいは生きれると思っていた。
そうでなくても数ヶ月は生きれると思っていた。

悪くて1週間・・・
ピンと来ない。

ハルは顔色がいいとただ寝てるだけのようだ。

以前から手をピクッと動かしていたハルだが、
モチロン意識はなくケイレンの一種か硬直だと言われていた。

今日は体全体がグッと動いていた。

あまり良くないことだとはわかっていても、
でもやっぱり『動く』っていう行動は何か期待をしてしまう。

こんなに毎日泣いていてもう涙は出なくなったかと思うけど、いつまでも出るものだ・・
なるべく人前では泣き顔は見せたくはないけど、ハルの顔を見ているとグッと来てしまう。

もし、あなたの子がこうなったらどうしますか?
あなたの大事な人が脳死になったらどうしますか?

ハルはハルだけど、今のハルは『入れ物』のようです。
ハルはいつも笑っていて私たちを和ませてくれていました。
本当に手がかからない子です。

ハルの意識はもうなく、ただ『入れ物』が生きている、
そんな状態になっているような気がします。

でも、それもかわいいハル。
本当に本当にかわいいハル。

あやすと寝ているはずなのに笑っているように見えます。

今の私はハルに何をしてあげられる?

→ 次の日