H18年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

H18年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 29 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

その後
納棺の日 火葬
お別れ会 1ヶ月後
3ヵ月後 1年後
2年後 3年後
4年後 5年後
6年後 7年後
8年後 9年後
10年後  

age table
1ヶ月 2ヵ月
3ヶ月 4ヶ月
5ヶ月 6ヶ月
7ヶ月 8ヶ月
9ヶ月  

HOME > 闘病記 > 闘病20日目

闘病20日目 9/1

  血圧 心拍数 体温
8:00 83-38 100 -
10:00 80-38 99 36.3
14:00 79-40 110 36.8
19:00 88-48 137 -
天気:晴れ

今朝、心拍と血圧、少し下がっている。
心配…

かなりむくみが取れ、輝の元の顔が戻ってきた。
でも、元気だった頃より痩せてひとまわり小さく見える。
もう入院して20日。
ママのおっぱいもご飯もバナナも食べてないもんね。
あんまりがんばりすぎてやせっぽちになった輝を見るのもママ、辛いな。
でも、輝ががんばっているうちは、ママもがんばるよ。
一緒に静かにがんばろうね。

毎日輝のベッドの周りを掃除してくれるおじさんから
「目、開けないね〜。さっぱり良くなっていないみたいだから、
看護師さんに聞いてあげるか?いつ開けるんだって。」
私も「そうだね〜」と答えるので精一杯だよ。
毎日心配してくれてありがとね、おじさん。

ある人に
「仕事に復帰する前でよかったね。」
と、言われた。
もし、復帰していて、そばに誰もいないときだったら…
そう考えると、今回のことは最悪で最高のタイミングだったのかもしれない。

仕事復帰前だったから、それまで輝とたくさん一緒にいることができた。
妹たちも帰省して久々に輝に会うことができた。
パパもお盆休みで、前日は実家でみんなで過ごすことができた。
出かける直前のことで、車を走らせていなかった。
パパがそばにいる時だった。
意識をなくす直前に、忙しくしていたにもかかわらず「ママ」と呼ばれて抱っこすることができた。
人口呼吸を行った。
救急車が早く到着した。

そしていろんなことが重なって、輝は蘇生して、今、生きてる。
世の中で起きるすべてのことは
「偶然」なんかじゃなく
「必然」なのではないかと思うようになった。

だとしたら、輝〜えらすぎるよ。

→ 次の日


HIKARU

since 2005.11.16 〜 2006.9.6

photo

by hikarumama

story

by hikarumama