H18年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

H18年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 29 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

その後
納棺の日 火葬
お別れ会 1ヶ月後
3ヵ月後 1年後
2年後 3年後
4年後 5年後
6年後 7年後
8年後 9年後
10年後  

age table
1ヶ月 2ヵ月
3ヶ月 4ヶ月
5ヶ月 6ヶ月
7ヶ月 8ヶ月
9ヶ月  

HOME > 闘病記 > 闘病19日目

闘病19日目 8/31

  血圧 心拍数 体温
8:00 84-37 102 -
10:00 85-39 102 36.2
14:00 81-37 108 36.5
19:00 84-40 115 -
天気:晴れ

脳外科の先生より
「検査の結果、すべての脳の機能は働いていません。
意識を司る能管も振れないということはやはり手の動きは意識的なものではなく、脊髄の反射に間違いないでしょう。
さらに、今後血圧の低下、心拍の低下が見られた場合、これ以上の処置を行いますか?」

やっぱり、そうか…
わかっていたけど、もうだめですって言われているようで、悔しかった。
でも、これ以上の処置については「ノー」の返事をした。
輝の生命力を信じ、それに疲れたらゆっくり休ませてあげたい。
ここまでがんばった、とても親思いの輝。
えらいよ、がんばったよ。

昨日、脳波の検査をしたら、せっかくシャンプーしてもらった髪がべたべたになってしまった。
嘆いていたら、看護師さんが
「今日もシャンプーしようね〜」
と言ってくれた。
ああ、看護師さんありがとう。まさに白衣の天使とはあなたのことよ。

友達が来てくれた。
そこで、こんな話を聞いた。
以前、友達にとても辛い出来事があったとき、輝がおもむろに腕をぎゅっとつかんで
じっと見つめてにこっと笑ったんだって。
「大丈夫だよ」って言ってたみたいで、すごく救われたって。
輝はなんでもわかってるふうなところがあったよね。
そして、それが誰かの役に立っていたんだったら、ものすごく嬉しい。
この話、きっとそうだったと信じられるよ。

→ 次の日


HIKARU

since 2005.11.16 〜 2006.9.6

photo

by hikarumama

story

by hikarumama