H18年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

H18年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 29 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

その後
納棺の日 火葬
お別れ会 1ヶ月後
3ヵ月後 1年後
2年後 3年後
4年後 5年後
6年後 7年後
8年後 9年後
10年後  

age table
1ヶ月 2ヵ月
3ヶ月 4ヶ月
5ヶ月 6ヶ月
7ヶ月 8ヶ月
9ヶ月  

HOME > 闘病記 > 闘病9日目

闘病9日目 8/21

  血圧 心拍数 体温
8:00 139-88 88 -
10:00 110-60 92 36.1
15:00 142-88 102 36.9
19:00 111-52 102 -
21:00 118-60 96 -
天気:晴れ

昨晩、心拍数が落ちたのは、血圧の薬を減らしたかららしい。薬をまた増やしたら心拍も90代に戻った。
体全体がむくんできた。先生もそのあたりを気にしてくれているよう。
少し取れればいいけど…

輝はたくさんの先生に診てもらっている。
救命救急センターで最初に診てくれた先生がその後も輝を診てくれている。
輝の主治医の先生は脳外科の先生。
実は輝がまだ元気な姿の時、その先生に会ったことがある。

じいじが今年の春、血管にバルーンを入れる手術のため入院した。
輝を連れてお見舞いに行ったら手術をしてくれた先生が回診に来た。
その先生が、今回の輝の主治医になるなんて
思ってもいなかった。
輝が生まれたのもこの病院。
生まれ故郷に戻ってきたんだから、輝も居心地がいいだろうな。
縁とは不思議なものだ…

主治医の先生は多忙な方なので
他の脳外科の先生もよく顔を出してくれる。
体のバランスを診てくれるのは小児科の先生。
呼吸器は麻酔科の先生。
そして同じ病院に叔父さんが内科の医師としているので
毎日2、3回様子を見に来てくれている。

今日は小児科の先生から輝の状態を改善するための説明があり
アルブミン製剤を使用する同意書にサインをした。
これを使用するとむくみがなくなり血圧、心拍が安定するらしい。
入れて5時間が経過。やはり少し上がってきたが、安定するにはいたらなかった。

今日から夜は自宅に帰らなくてはならない。
とても心配…
でも看護師さんに「まだまだ大丈夫よ」と言われ、信じて帰ることにした。
こう言われると、最後を待っているような変な感じがする。
「まだまだ」じゃなくて「もっとずっと」だよね。

→ 次の日


HIKARU

since 2005.11.16 〜 2006.9.6

photo

by hikarumama

story

by hikarumama