H18年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

H18年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 29 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

その後
納棺の日 火葬
お別れ会 1ヶ月後
3ヵ月後 1年後
2年後 3年後
4年後 5年後
6年後 7年後
8年後 9年後
10年後  

age table
1ヶ月 2ヵ月
3ヶ月 4ヶ月
5ヶ月 6ヶ月
7ヶ月 8ヶ月
9ヶ月  

HOME > 闘病記 > 亡くなって1ヶ月

亡くなって1ヶ月

輝が亡くなって1ヶ月
早いようで長かったような気もする。

今日も朝から雨。
雨と雷は輝を感じる…

輝の生まれた時は雨が降っていた。
翌朝、朝日にキラキラ光る濡れた景色を見て、
「輝(ひかる)」という名前を決めた。

天気:雨

輝が倒れた日
雨と雷が鳴っていた。
輝が泣いていると思った。

輝の延命治療を初めて「No」と言った日
この日も雷雨になった。

輝が亡くなった日
しとしと雨が降っていた。

輝の納棺の日
ものすごい雷雨になった。

輝のお別れ会の日
夜には雷雨になった。

そして1ヶ月目の今日も雨だ。
ずっと天気続きでも、輝を想うと雨になっちゃうのかな。

友達が来てくれた。
「1ヶ月はとても長かった」って。
私に声をかけようと電話番号を表示しても発信ボタンが押せなかった
メールを打ってもそれを送信できなかった
どんな言葉をかけても、本当の心が通じるか心配だったと。

また別の人は毎週のように声をかけてくれて
花を持ってきてくれたり、お供え物を持ってきてくれたり。

みんなありがとう。
それぞれの思いで、私たちを励まそうとしてくれて。

これまでの間、ものすごくいろいろなことを考えていた。
輝がこうなったのは、自分のせいだろうか。
お腹にいるときに仕事をしすぎたから?
これから仕事に復帰しようと思ったから?
もし、眼瞼下垂の原因が脳にあったとしたら
どうしてもっと早く検査をしなかったのだろう。
輝をなぜあの時、チャイルドシートに乗せたんだろう。
乗せなかったら?
脳死の子供でも臓器提供ができていたら、輝の臓器を提供していたかもしれない。
そしたら、どこかで輝が生きていけかたかも…

いろいろなことが頭の中でぐるぐる回ってどうしようもない。
でも、一つずつ、自分なりに答えを出して解決していくしかない。

輝の入院していた病院に書類をもらいに行った。
病院へ向かう車を走らせながら、毎日通ったことを思い出して
涙が止まらなかった。
死亡診断書を受け取り、その詳細を改めて読んだ。

病名 くも膜下出血
原因 不明

その後の経過も書いてあり、読んでいるうちにまた涙があふれてきて
しばらく受付のソファで下を向いたまま立ち上がることはできなかった。

最後までわからなかった原因…
でも病気と闘った25日間は、私たちにとっても貴重な期間だったことには違いない。
絶望的な輝を前に、献身的に看護を続けてくれた看護師さんたちにお礼を言いたくてICUへ向かう。
途中、偶然にも、輝の主治医の先生を見かける。
輝の最後の時、先生は処置中でどうしても立ち会うことができなかったので
それまでのお礼も言えてなかった。
忙しそうにしていたが、呼び止めてお礼を言う。
泣きそうになるのを必死でこらえながら「ありがとうございました」を精一杯言うと
「私も最後に立ち会えなかったのがとても心残りでした。今日、会えてよかったです。」
と言ってくれた。
看護師長にも会うことができ、感謝の気持ちを伝えることで
親としての役目を果たしたような気がした。

そうして1ヶ月が経ち、私もようやく、これからの自分のことを考えた。
まずは11月から仕事に復帰することを決めた。
輝がいても仕事をするはずだったから
ここで辞めてしまっては、輝に怒られそうだよね。

これからも一つずついろいろなことを消化して前に進んで行こうと思う。
ゆっくり、ゆっくり、焦らず。
輝は9ヶ月と22日生きて、たくさんの幸せをくれたし
いろんなことを教えてくれた。
もし、こうならなかったら気付かなかったことがいっぱいあったと思う。
輝は短い人生だったけれど、「生きる」ことに一生懸命で
愛情いっぱい受けて、私たちが幸せだったくらい
やっぱり輝も幸せだったろう。

やっと、こう思えるようになったんだから
やっぱり1ヶ月は長かったんだね。

 

→ 亡くなって3ヶ月


HIKARU

since 2005.11.16 〜 2006.9.6

photo

by hikarumama

story

by hikarumama