HOME > おくすりごはん > 二日酔い解消レシピ

 

二日酔い解消レシピ

ビタミンAは、胃腸などの粘膜を健康に保ち、たんぱく質は粘膜の再生に必要な肝細胞を再生させ、アルコール代謝を助けます。そしてミネラルは二日酔いの防止になります。
酒の肴には悪酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する為に必要なビタミンCをたっぷり含む食品を摂り、楽しくお酒を飲みましょう。

おすすめのおつまみは、焼き鳥、納豆、刺身、冷奴、枝豆、カキフライ、イカ・タコの刺身、あさりの酒蒸し、ほうれん草のごま和え などです。

食事制限のある人は医師の指示にしたがいましょう。

二日酔い一口メモ 
肝臓はアルコールをアセトアルデヒド(有害物質)に分解し、さらに酢酸と水に変えて無毒化します。
短時間に多量のアルコールを飲むと処理が間に合わず、アセトアルデヒドが体内に残った状態が二日酔いです。
過度のアルコールは胃酸の分泌を促す為、胃を荒らすもと。
たくさん飲みそうな時は、お酒を飲む前(飲みながらでも)、ヨーグルトやチーズ、豆腐などといった蛋白質豊富で柔らかい食品を摂り粘膜を補強することで、胃酸から胃を守るとよいでしょう。

悪酔いを防ぐ果糖は果物やハチミツに多い糖類。お酒を飲んだ後は水分とフルーツの補給を心がけると良いでしょう。ミカンを房ごとミキサーにかけるミカンジュースなら繊維も補給できます。

アルコールや脂っこい料理は脂肪肝の元。肝臓の働きを助けるビタミンやミネラル豊富な野菜料理がお薦めです。

二日酔いになってしまったら・・・ 

☆水分をたっぷりとる
アルコールには、利尿作用があるので、翌朝は脱水症状を起こしていることが多いものです。
☆ビタミンCをたっぷりとる
ビタミンCは飲みすぎというストレスに対抗する副腎皮質ホルモンを作り出す上で欠かせない物です。
☆食事は消化の良いものを
荒れた胃粘膜を刺激しないような、やわらかい食事をとるようにしましょう。おかゆ、フレンチトースト、煮込みうどんなどの消化の良い食べ物。さらに牛乳や半熟卵、杏仁豆腐といったたんぱく質をプラスすると良いでしょう。

 
 

しじみの味噌汁

材料(2人分)
シジミ(殻付き) 150g 昆布 角1枚
赤出しみそ 30g アサツキ 適量
600cc    
   
作り方
1. シジミは砂出しをして、よく洗う。
2. 鍋に水と昆布、1を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を引き上げ、アクを取る。
3. シジミの口が開けば取り出し、煮汁はペーパータオルまたは、ふきんでこします。
煮汁を鍋に戻して火にかけ、みそを溶き入れ、シジミも戻して少し温めて器に注ぎ、小口切りにしたアサツキを散らす。
 
 
 
 

ささみとワカメのなめたけ和え

材料(2人分)
鳥ささみ 40g 大1/2
ワカメ 20g 少々
なめたけ(瓶詰め) 大1 25ml
   
作り方
1. ささみは小鍋に入れ、酒、塩、水を入れて蓋をし、中火にかける。
火が通ったら汁につけたまま冷まし、細かく裂く。
2. ワカメは水に戻して食べやすい大きさに切る。
3. 1と2を混ぜ、なめたけを和えてどうぞ。
 
 
 
 

卵雑炊

材料(4人分)
2個 ショウガ汁 小4
にんじん 小1本 ごはん(炊飯後) 2杯半
長ネギ 1/2本 だし汁 800cc
万能ネギ 10本 しお、しょうゆ 各小1
   
作り方
1. レンコン、ニンジン、長ネギは粗みじん切りに、万能ネギは小口切りに、卵はときほぐし、ごはんはさっと洗ってザルにあけておく。
2. 鍋にだし汁、しお、しょうゆ、レンコン、ニンジン、長ネギを入れて火にかけ、煮たったらご飯を入れてさっと煮る。
3. ショウガ汁を混ぜて卵を静かに回し入れて火を止め、器に盛って万能ネギを散らしてどうぞ。